シロハラインコ専門サイト
    健康なシロハラインコ・ズグロシロハラインコの雛
  • できるだけ親に育てさせ免疫力をつけて(2週間以上)から巣あげします。
  • 一人餌になりますと室内温度5度~10度で飼育しています。(冬期間)
  • 生後30日前後から育て可愛がりますと、ベタ慣れになります。(どれだけ慣れるか、お確かめください)



TOP    pico  > シロハラインコ|              ■ 戻る
sponsored link
ホームメニュー
カレンダー
<  2017年09月  
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
トップ  >  シロハラインコ繁殖
xoops explaceholder control TotalSocialButton use google plus facebook like

シロハラインコ繁殖

 

 

シロハラインコを飼い始めた当時、日本では、繁殖事例がないため海外のサイトを探索し試行錯誤を重ね1年目でようやく繁殖に至りました。

シロハラインコは、繁殖しづらいインコです。かなり根気が必要です。観察それに餌温度、日照、環境などさまざまです、すべて条件がととのって繁殖します。なにもしなければ発情すらおこりません。


シロハラインコは2年で成熟します。


ということは2年で繁殖できるということです


実際我が家では、2年になる前一回目の繁殖に成功しました。餌、日照、温度これらはホルモンを促進し繁殖と結びつくと思います。


あまり早く繁殖させると寿命が短くなるのでは、ともいいますが、正確な寿命もまだわからないのですから


シロハラインコは何年で繁殖できなくなるのかは不明です

 

 

卵から孵化し育てた雛は育すう、できないのではと思います。

親から餌をもらったことがないため、雛に餌をやることができないので雛を落としてしまいます

できるだけ親に育てさせ巣上げすることです

そうしないと卵が産まれても、孵化器で孵化して育てないといけません

 

繁殖は慣れていてもできるかどうかですが、生まれた子をペアにしてますがいずれも慣れています

でも基本は、半慣れでの繁殖です

当たり前のことですが、雛は、すべて親に似ます 

 

もう何年も毎年繁殖してますが

繁殖の持続が難しいインコです、毎年産ませて成功したと言えます。

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:199 平均点:7.29
カテゴリートップ
TOP
次
2015年ズグロシロハラインコ、シロハラインコ里親募集


このマークの意味は?